teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Verdi Requiem

 投稿者:東洋人@XPERIA2017夏型  投稿日:2017年 9月24日(日)19時46分5秒
     アンサンブルグループの休団者のお姉さんが、日本を代表する企業グループで構成する合唱団で演奏会をするということで、オケや指揮者やソリストはプロでも活躍されてる方々ということでしたので、お金を払って聴きに行きました。今回の指揮者は女性で小柄な感じですが、世界から見た尊敬すべき日本人の一人に選ばれてるような方だと、プログラムに書かれていました。
  元々このヴェルレクは、CDを買ったのがきっかけで、1980年代のパヴァロッティが化け物に近い声を出しておられた頃の演奏で、かなり気に入ったので、妊婦だった妻に貸したところ、里帰り先で暇なので何度も聴いてくれたらしく、周りの義兄弟が覚えてしまうほどのヒットとなりました。近所の市民合唱団がコンサートするときにも、お腹の大きい妻とヴェルレクを聴きに行きました。怒りの日(Dies Irae)の太鼓の鳴るときにお腹を蹴ったんじゃないかということで、馬鹿馬鹿しい話ですが、まだ見ぬ長男が聴いてるんじゃないかと嬉しく思ったものです。
  ライブで聴いてると、やはり合唱に加わって中で歌うよりも、ソリストで物凄い大声で唄ったら気持ち良いだろうなあ、と思います。声出ませんが(笑)
  さあ来週から各地に出掛け始めます。暇潰しに出来事を投稿すると思いますが、悪しからずです。
 
 

東京都合唱コンクール終了!

 投稿者:東洋人@XPERIA2017夏型  投稿日:2017年 9月19日(火)01時02分38秒
    Monchan、カープ優勝おめでとうございます。

  11月に広島出張があるかもしれませんが、年に一度位はお会いしたいと思います。最近は海軍好きのSNSに加わってまして、時々呉の潜水艦をあげる人がいます。
  今宵は東京都合唱コンクールでした。結果は真ん中辺りでしたが入賞というところまでは行けず、メンバーも少し力なさげに打上げに行き、いま帰宅いたしました。
  そもそもコンクールに命をかけていない者が、アマチュアでも金銀の賞をとるのは至難の業と思うこの頃、息子の大事な季節なので、今晩から3か月程度、アンサンブルを離れることを皆に伝えてきました。
  まあでも、五体満足で時々歌える私は幸せ者なのかもしれません。いつかロコモも全国から集まって久々に檜舞台を作っても楽しいでしょうね。老人になる前に(笑)
 

台風一過

 投稿者:Monchan  投稿日:2017年 9月18日(月)20時09分12秒
  猛烈な台風18号が日本列島を通過しましたが、皆様大丈夫だったでしょうか。こちらも風雨が強かったですが、それほど被害が出なくてよかったです。

9月になり、だいぶ涼しくなってきました。朝晩は寒くも感じます。しかし、台風が過ぎて、また夏に逆戻りしたかのような今日の天気でした。
庭の手入れやら掃除やらで、結構忙しかった3連休でしたが、台風も過ぎ去って、広島カープもセリーグ2連覇で来ましたし、今日はまずまずの一日でした。
次はCSと日本シリーズですね。広島人としては、まだまだ気が抜けません。
本当は土曜日に決めてほしかったですけど、最後に逆転されて惜しかったですね。
采配のミスは、昨年の日本シリーズを見ているようで、やっぱり馬監督かなと思ったりしましたが、今日はテキパキと良い采配ができてよかったと思います。
敵地での胴上げとなってしまいましたが、日本一の胴上げは、ぜひ広島でやってほしいですね。
 

風に寄せて

 投稿者:東洋人@自宅  投稿日:2017年 9月10日(日)09時39分21秒
   昨日の練習は、コンクール前残す2回のうちの一つでした。
 それなりに良い感じになっているのですが、本番で調子を崩しては残念ですので、直前の二日前練習では喉をセーブしないといけません(サボっていると言われない程度に)。
 最近Youtubedeで名演奏が載るようになって、合唱好きのハイテクな人の中には、自分一人で多重録音を試みる方々が見えるようになってきましたね。
 例えば、尾形敏行先生作曲の「風に寄せて」は相当美しい曲で、私も全3曲を発表したことがあるので演奏は容易ではないと感じていますが、これを多重録音で綺麗に演奏しているのを見つけたので、ご紹介させてください。

 まず、これは普通の大勢で歌う混声合唱版です。
■風に寄せて その1(島根県立松江北高等学校)
2017/02/28 に公開
昭和60年度NHK全国学校音楽コンクール全国大会(銀賞)
https://www.youtube.com/watch?v=f_DQOQU9b8o

 そしてこれが、最近発見した、女の子と思われる投稿者のモノです。鼻声がかかり過ぎてますが、同じ発声の人が揃うと溶け込んで美しくなっちゃいます。
■【一人合唱】風に寄せて その1
2017/07/17 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=FTkdN9e8HfY

 また、こちらはボッチの変な人かと思いきや、かなりプロっぽい若者の演奏です。エンターテイナーしています。かなり「いいね!」マークが付いてます。
■独りでやさしさに包まれたなら2014/05/09 に公開
日本テレビ「ZIP!」で紹介されました!(2014.6.17)
作詞/作曲:荒井由実
https://www.youtube.com/watch?v=NMSV5uD7x38

 こんな多重録音を一人ぼっちですることに何の意味があるのか、という悪口も言えそうですが、それでも一流のものになると圧倒されることは確かに思えますよね。きっと安定した実力をもった方です。
■Agnus Dei (Adagio for Strings, Op 11) - Samuel Barber (all parts sung by Matthew Curtis)
2015/03/19 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=dbo1a5WzXX8
 

スマホ機種変更しました

 投稿者:東洋人@XPERIA2017夏型  投稿日:2017年 9月 3日(日)17時49分56秒
    真子様におかれては、御婚約おめでとうございます。

  開店時にドコモショップに並び、それでも3時間かかりましたが、①修理(→5~6千円)、②保証サービス利用(→8千円で全く同じ機種に変更)、③機種変更(→手数料2千円+2年プランの内金6千円)と悩んだあげく、③の新機種への変更を選択しました。
  午後は携帯ケースを買いに出掛けたので、こんなことで半日以上を費やしてしまいましたが、いつまでもメールがまともに打てないようでは困ると思い、早期治療をした形です。
  とにかく携帯の料金の説明は複雑で、お年寄りにも分かりやすい説明にならないか、肝心な話を省略して騙すようなことがないよう、簡潔明瞭な仕組みを心がけてほしいものです。

   さて、息子たちも新学期に入り、朝が忙しくなってまいりました。私も三年目を迎え、よい仕事をし、新しい人にとって手応えのある一年にしてほしいと気持ちを新たにしています。
  明日から相手のある仕事がスタートです。
 

スマホが!

 投稿者:東洋人@docomo  投稿日:2017年 8月30日(水)18時57分35秒
  昨日からナゼか、一番下の「ま」「ゃ」「ら」のbuttonが押せなくなったので、暫く変な日本語になってしまいます。ボケ防止になるか。

念願の防衛大学校、城ヶ島、葉山御用邸、と半島を次男と旅しました。青い海。中学最後の夏休みの思いでになるかどうか。

一日フリ切符で思っていた以上に経済的に遊べたこと、案外機転の利くサポートを得て頼もしいところを感じることが出来ました。
 

harmonia ensemble

 投稿者:東洋人@自宅  投稿日:2017年 8月27日(日)15時54分41秒
   三浦臨海、私は一度しかそこに合宿等に行った事がなく付近を散策する機会もありませんでした。昨年始だったか自転車で半島から千葉富津に渡った時もまさに横須賀を駆け抜けた程度でしたし。来週水曜に休みが取れたら、次男と三浦半島にお出かけして、防衛大学校の見学など楽しみたいと考えています。城ケ島とか、見所が沢山ありそうです。
 昨日、みなとみらい駅隣接のホールに、ハルモニア・アンサンブルの演奏会を聴きに行きました。地下鉄から地上(クイーンズ何とか)に出る中で感じたのは、我々の富が集中したような凄い街です。この団体は10年以上前だったか、音楽を学んだ若い人たちでデビューし、アマチュアコンクールでグランプリを、世界の合唱コンクールでも同様の受賞を飾り、現在ではプロとして活動されているグループです。少数アンサンブルの日本のアマチュア界では、一つの目標にされています。故三善晃さんの合唱曲を古い順にだと思いますが、5年かけて5回の演奏会で全曲歌うのでしょうか、今回が初期の「嫁ぐ娘に」「小さな目」「五つの童画」でしたから、何を差し置いても合唱人は集結すべきプログラムになっていました。そんな私も小遣いから振り絞って選択した一人です。
 期待通り素晴らしかったのですが、後半、指揮者のせいで乱れたように見えた時間があり、そこは残念でした、ライトが眩しいのか、指揮者が汗ばかり拭いて、変な感じでした。調子が悪かったのであれば、同乗しないといけません。
 公表されている音源もありますが、やはりライブの凄さは伝わりません。それでも素人集団とかなり異なることが聴いて取れるかと存じます。

▼「ぜんぶ」(詞:さくらももこ 曲:相澤直人)
https://www.youtube.com/watch?v=WLVXJbtigXY
▼「LAY A GARLAND」(Robert Lucas de Persall (1795-1856))
https://www.youtube.com/watch?v=4K60BfU5LHc
↑ 最初のあたりSoprano3名がアップで映っている真ん中のふくよかな感じの方が、今回、歌曲を独唱された方です。いまのグループで上野の藝大のレッスン室での練習の様子を見学させていただき、帰り道あれこれお話をしながら歩いたときの人です。

 先週も素晴らしい演奏会に会いましたし、今月は運が良かった月です。
 

夏の終わりの愛それは・・・

 投稿者:Monchan  投稿日:2017年 8月27日(日)10時42分29秒
  いいですね。
私も関東にいたら参加したかもしれません。
私も東洋人さんと入れ替えで川崎に行っていたので、フルマキさんも佐藤さんも知っています。ただ、私は結果的に裏切ってやめた形なので、合わす顔はありません。
大先生をしのぶ会というサブテーマでもついているのでしょうか。よくわかりませんが。
おそらくAZさんやY内さんのところにも案内が行っていると思います。皆さん元気でしょうか。

三浦の臨海センターは私も合宿に参加させていただきました。
今思えば楽しかった思い出ばかりです。

夏も終わりですね。今朝は涼しかったです。子供の夏休み最後の土日でしたが、のんびりしています。
 

この街ふれあいコンサート

 投稿者:東洋人@自宅  投稿日:2017年 8月19日(土)20時28分49秒
   昨日、ポストに「カワサキ青少年会館OB」等と書かれた封書が入っていたので、開けてみると、川崎青少年会館で30年前に青春を過ごした方々へ、ギターのフルタさんというかたの主催で、音楽会を開くので出欠を返事してくださいという趣旨のものでした。私の住所はコーラスの年長だったフルマキさんからの紹介で、旧姓佐藤さんという女性の方が発送をして下さった様子。
 フルートとマンドリンとコーラスの三部で構成し、大師公園という三溪園の小さい感じの中華風のステージ(展望席?)のがあるそうで、ほぼ野外コンサートということでしょうか。木村先生も招聘されるようです。いきなり本番ではなく、三浦臨海で合宿計画もあり、何度も参加できませんし、Saiさんご夫婦が行かれるとしたら、後で様子を聴かせてほしいと思います。
 懐かしさを覚えるとともに、ちょうど遠方に旅をする日程と重なっていたので、欠席の郵便かFAXを送り返そうと思っています。メールは不可と書かれています。

 夕べは、府中の森芸術劇場のウィーンホールで、原爆小景やPoulencの人間の顔というラインナップで有名どころの合唱団が演奏会をするというので、相当気になっていましたが、前日に息子の夕食の準備をしなくて良いことも分かったので行ってまいりました。行くほどの甲斐があるかは未知数でしたあ、難曲を並べる以上は実力があるという証拠だと思い。
 そうしたら、大正解でした。どのパートも物凄い実力者と情熱を兼ね揃え、最近聞いたことも無いクオリティで、演奏会場は拍手の波に包まれました。ここは今コンクールに出ていませんが、アマチュアを超えたレベルで歌われています。こないだ本掲示板に載せた曲を再度掲載していますが、最後のSoprano2名による高音は、いとも軽く実現されていました。
 私のグループではとてもここまでの演奏に届きませんが、合唱の可能性を見失わなくて済むような、理想の音楽はまだまだ消えていないことを実感して、府中の街を後にしました。

https://www.youtube.com/watch?v=nNse9ycuhdA

 ちなみに、Youtubeに「愛それは」の古い時代の演奏が載っていますね。ちょっと合唱人に得意げに紹介できるレベルでは無いけれど、きっとそこに多くの若者の青春があったのではないでしょうか。そういった思い出は誰も消すことはできませんね。
 

残暑お見舞い申し上げます

 投稿者:Monchan  投稿日:2017年 8月18日(金)16時02分51秒
  夏休みも終盤になりました。
私の連休はいつも、何しようか考えているうちに終わってしまいます。
今年の夏は、西日本は猛暑で、東日本は雨ばかりで、変な夏でした。
私のように行く当てのない人間にとっては、雨ばかりの夏休みでも構わなかったのにと思うのは、隣の芝生だからでしょうか。

本屋で暇をつぶそうと出かけても、読みたい本が見つからない。
年齢による衰えなのか、最近何もかも興味がなくなっていくみたいで、しょぼくれになりつつあるのかなと反省している。
しかしまだ人生は捨てていない。虎視眈々とチャンスが巡ってくるのを待っている。待つだけではダメだ。出かけなきゃ、探さなきゃ。
ということで、PC関連の本を買って、勉強することにした。
Windows10にバージョンアップしたものの、今一つ使いきれていない。そのうち使いこなせるだろうと思ったが、使いこなす必然性がない。
逆に毎回自動更新するみたいで、作業が遅くてはかどらない。余計なお世話的な、いらない機能ばかり入って、邪魔をしている。邪魔ばかりでなく、何かデータを読み取っているような、個人情報が抜き取られるような懸念も感じて気持ちが悪い。
それで、本を読みながら、OneDriveみたいな、いらないアプリを思い切って削除したり底止したりしたら、立ち上がりが早いこと早いこと。電源をオフにしてもすぐに切れるようになったし、快適この上ない。夏休みじゃないと、できなかったと思う。

今年も広島カープは強いですね。
マジックが点灯して、優勝までのカウントダウンが始まっています。
ことしは投手力はそれほどではありませんが、若手も育っていますし、なにせ打撃力がすごい。投手をサポートできるくらいの得点率です。
広島の良いところは、代わりの選手がたくさんいるということです。ベテランは休み休み使えますし、選手の起用が楽だと思います。
もし、今年優勝すれば、1番から4番目では他球団に放出してもいいんじゃないかなと思っています。残りの選手だけでも十分オーダーが組めそうな、今の選手層の厚さだと思います。
だけどいくらお金を積まれても、巨人にだけは行ってほしくないです。巨人に行った選手はみんなダメになっているからです。Y口投手だって横浜に残っていれば、今季を棒に振ることはなかったかもしれません。10勝くらいできたでしょうから、逆に横浜のエースとして、20年ぶりの優勝に貢献したかもしれません。
パリーグはどこが出てくるのでしょうか。パリーグの試合も面白いですね。ソフトバンクも強いですが、楽天の投手力は素晴らしいし、西武も勢いがありますし、どこが優勝してもおかしくありません。日本シリーズまでまだ気が早いですが、広島も気は抜けません。
ということで、この夏休みは、ダラダラと酒を飲みながらTVで野球観戦しながら、私の体重はどんどん増えるのでしょうか。
 

行雲流水

 投稿者:東洋人@自宅  投稿日:2017年 8月17日(木)17時16分50秒
   昨日からようやく夏休みに入り、日帰りバスツアーで常磐の「スパリゾートハワイアンズ」に泳ぎに行ってきました。子供のスカウト団体が創立40周年という事で、来年保護者とリーダーたちで遊びに行くと聞いていたので、興味を持っていました。それで、どの海に泳ぎに行くか相談していた友人と、温泉もあるようだし、汚れた湘南の海でもない、ハワイアンセンターが案外安いことが分かり、予約したのです。
 先日の合宿の後、次は来年の「演奏会」企画に関心が移ってきたところ、先週予約のできたホールの音響(外の子供の声が聞こえるのです。)に難を示した代表が、日程を変えてでも遮音性の高い立派なホールをとるべきだという話になり、その目的はしっかりとした録音を残し、世界に公表するという目的があるのです。しかし周りは、何人も施設の抽選に出向いたり調べたり、苦労して抑えたホールに今頃ダメ出しをするのはタイミングとしておかしいのではないか、聴いてない、等の衝突がありました。
 また、スカウトの保護者会で、夏には「バジルフランク」を夜店で提供することが恒例化しています。しかしバジルフランクの業務用の素材が入荷がままならない様相になっているらしく、代わりに、「油揚げ」を焼いて味噌をつけたサービスを用意できるので心配いらない、というメールが入ってきました。受けた側としては、そこまで品を替えても夜店を出さなければいけないのか、素朴に疑問を感じています。ていうか、いまフランク用の肉類が手に入りにくいのでしょうか。事態がよく分かりません。
 おそらく、いずれの代替案も、提案者が考えに考えて出した提案だと思いますが、考えていないギャラリーからすると、唐突感以外の何物でもないということが、よくあります。

 このように、集団活動をしていると、こだわりたい条件の下で、他の条件を変えてでも実現させようとすると、同じ考え方でない人たちから非難を浴びることになるかと思います。スマナサーラ長老の本にも、幸福になるには執着を捨てることが大事、と書かれています。おそらく他のどんな教えにも共通する話でしょう。

 そんなこんなで、スパリゾートの流れるプールで、浮き輪にぶら下がりながら漂っていますと、行雲流水(=執着することなく物に応じ、事に従って行動すること。)の心もちで暮らしたいものだと思います。
 なあんて、受身の他人事みたいに言っていても進まないので、バランスの良い答えを見つけながら、物事を解決していきたいものです。
 

夏休み中

 投稿者:Monchan  投稿日:2017年 8月15日(火)05時59分40秒
  合宿いいですね。七沢温泉は、大山に近いところにありましたよね。
東京からも近くて、日帰りで行ける温泉として、知る人ぞ知るスポットだったと思います。

昔、AZ君やいわさんたちと一緒に大山に登った帰りに、どこかの温泉宿でお風呂だけ入らせてもらった記憶があります。そのあと海老名の居酒屋で飲んで帰ったと思いますが、楽しかったです。
東洋人さんも奥様と一緒に午前中だけ参加されてたのではないでしょうか。
まだ長男さんがおなかの中にいて、大事を取ったと思います。

この休みは特に何をするでもありませんが、近くをドライブしたり山歩きしたりしながら、のんびりしています。野兎を見たり、イノシシの親子を見たりとか、びっくりすることもあります。

今日はあいにくの雨ですが、少し暑さもやわらげばいいと思います。
 

クラモコルディス初合宿

 投稿者:東洋人@docomo  投稿日:2017年 8月12日(土)20時53分19秒
     本厚木駅から山奥に30分ほど入ったところに、「七沢温泉」という集落があり、音楽ホールに使える部屋のある宿をとって、アンサンブルグループの一泊合宿を終えてきました。誰も七沢温泉を口にする人がいないので、東京に出て来て四半世紀、全く見識がありませんでした。客は沢山泊まりに来ています。
  この準備に向けて、組織内への情報連携や段取りのことで、社会人二年目くらいの子が幹事を勤めたということもあり、陰日向でサポートする立場になったのですが、色々ありましたものの、それなりの密度の濃い練習もお喋りもできて、合唱の合宿らしい形になったかと思います。
   練習場所は「ダンスホール」と書いてあって、ミラーボールが回っていたり、お酒のカウンタがあるような妙な会場でしたが、響きもよく、気持ちよく練習できました。しかし宴会もありましたし、10時間くらい歌って疲れてしまいました。
  来月のコンクールや、年明けに久々の演奏会をもつことにしてまして、そこで披露する曲も随分形が見えてきた感じがします。
  休みの日に、若い指導者に注意されながら疲れるなんて、何をやってるのやらと思うこともありますが、とにかく体を使って、なおかつ無駄な力を抜くという習慣を身に付ければ、演奏が伸びると信じます。
 

太陽はいっぱいいらない

 投稿者:Monchan  投稿日:2017年 8月 6日(日)23時27分38秒
  台風5号が近づいていますが、まだこちらは静かな夜です。
恐らく明日の朝から大雨になり、日中は風雨で大変かもしれませんが、仕事には行かなくてはなりません。あと1週間が待ち遠しいです。
暑さのせいか、リビングのエアコンが壊れてしまい、修理に来るのが最短で17日になると言われました。どうやって生き延びようかと思案中です。

今日は原爆の日。私もTVで式典を見ましたが、日曜日だからこそゆっくりと見れた気がします。
被爆者も高齢化が進み、当時の記憶も薄れていく中で、原爆の悲惨さは後世にまで伝えていかなくてはなりません。会津農林高校の生徒たちの「水を下さい」を聞きました。
鬼気迫る名演でしたね。被爆直後の苦しみを体験していないものにまで、十分伝わってきました。もちろん歌っている彼らも原爆は体験していませんが。

今年の夏は特に暑く、毎日ひいひい言って、できるだけ外に出ないようにしています。
72年前のあの日も、きっと暑かったに違いありませんが、その何千、何万倍の熱さが、一瞬のうちに全てを焼き尽くしてしまいました。
川は水を求める人々で埋め尽くされ、そして死んでいった。絶対繰り返してはいけない過ちですね。

今日の番組の鉄腕ダッシュで、氷で作った巨大レンズで、部分的に肉や魚を焼く企画をしていましたが、15分かけてやっと魚の表面だけを焦がしていました。
もし、生きた人間に当てたりしたら、さぞ熱くて大やけどしてしまうことでしょう。目に当たれば失明するでしょう。全身に当てればどんな痛みになるのでしょうか。
しかも逃げる間もなく、無差別に、一瞬のうちに。
むごたらしい殺し方をするなんて、人間のすることではありませんね。たとえどんな理由があっても。

内閣改造で再入閣される人も多くて、経験豊富な人の方が、少しは期待できそうでしょうか。内閣の支持率も上がったみたいですし。
回りがイエスマンばかりだと、裸の王様になってしまいますから、自分を戒める意味でも、いろいろ反対意見をいう人も尊重しなくてはなりません。
N田さんなんか、ポストA倍の有力候補の一人になるんじゃないでしょうか。今からゴマをすっておいた方がいいかもね。
 

メッセージ

 投稿者:東洋人@自宅  投稿日:2017年 8月 6日(日)21時08分35秒
   今朝NHKをつけると、ちょうど平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)の黙祷の直前で、私も目を閉じる形になりました。
 夕べ実家の両親がブドウを送ってくれたので連絡を取ると、明日(=今日)軍神の慰霊祭に行くと行っていました。真珠湾攻撃の特殊潜航艇で玉砕したと言われる9軍神の一人が、母方の親戚にあたり、実家の近くに祭られています。
 周りの遺族もみな老人ばかりで、ニュースでもやっているように、戦後72年も経ち語り部自体がもうじきいなくなっていくわけですが、我々のように合唱をしていると、こうした戦争の事は、歌のテキストに沢山用いられるので、戦時中に生まれていなくても、割と身近な感覚はありません。
 前にも載せた高校生の迫真の演奏を、この季節なので改めて貼らせていただきます。
▼会津農林高校 水ヲクダサイ
https://www.youtube.com/watch?v=gb2kjcu-L1I

 こうしたメッセージ性の強い歌が、とりわけ合唱にふさわしい感じがします。世俗的な歌や子供の詩を大勢で歌う事はありますが、別に一人で歌ったらよいじゃないかと思う場面もあります。何か、うねるような、魂の迫ってくる曲、例えば宗教曲が、合唱にふさわしいというのは、凝り固まった意見のようになってしまいますが、集団の調整で疲れると、やはり大勢で都合をつけて集まって歌う事の大義を考えてしまうので、つい書いてしまいました。
 終戦記念日の15日まで、テレビでも再び黙祷などを見かける、夏らしい時期を東京で過ごしています。
 

約20年

 投稿者:東洋人@docomo  投稿日:2017年 8月 3日(木)22時30分0秒
    いわさん、Monchan。盆が近付いて私も夏休みしたい気分です。昨日、1週間超のモンゴル派遣から帰国した次男は、明日から夏キャンプで軽井沢方面へ。金は飛んでいきますが、充実した時を(たぶん)送っています。
  そんな彼らも未成年ですが、今から約20年前にわが社のボスだったNoda聖子さんが、再びボスとして着任されることになりました。当時は三十代で大抜擢の人事でしたが、今やそれなりの年輪を重ね、育児でも難局を日々乗り越えてきている方で、今日先輩たちとその話をしたとき、正直、古い人たちはシンパシーがあります。私が働きだして何年もたたない頃、講堂で退任式があったんですが、そのときの残る部下たちへのエールが大変感動的で、いい人だな~と錯覚(笑)に陥るほどでした。
  その頃は子供が生まれる前ですから、我らがロコモも活動前ですね。皆さんも私も色々ありながら、とりあえず五体満足で今日までやってこれました。でしょうか?
  明日、職員を集めた就任式があるそうですが、あいにくその時間、私は外で仕事のイベントがあるので、お姿を見ることがかないません。民営化に反対(造反)され、復活し総務会長にまで上り詰め、そしていま、民営化された法人を監督する立場のボスとして。
  平成の終盤、dramaticな一年になると面白いと思っています。
 

もうすぐ夏休み

 投稿者:Monchan  投稿日:2017年 8月 1日(火)05時29分14秒
  ご無沙汰しております。今年の夏は特に暑く感じますが、年のせいかなと思ったりしますが、そういうわけでもないですよね。
いわさんもお元気そうで何よりです。
お父様をなくされたということで、ご愁傷さまです。いろいろ大変だったと思います。岐阜と横浜を行ったり来たりで忙しいですね。
東洋人さんも職場でエラくなられたようで、責任ある立場で大変でしょうが、どうぞご自愛ください。

東洋人さんの仰るように、政府の働き方改革で、テレワークを今後進めていくことに賛成します。
確かに、わざわざ出社しなくてもできそうな仕事はあります。書類を作ったり、設計したり、翻訳のような仕事もPCがあれば自宅で十分できます。
私も関東にいた時は、片道1時間半かけて、千代田区の事務所まで通っていましたが、満員電車は大嫌いでした。通勤するだけでも大仕事でした。
時間とお金の無駄遣いだったと思いますが、テレワークならその必要はありませんよね。
田舎に住んでいても仕事ができるというメリットは大きいです。地方の活性化や、若者の人口減を歯止めするには、安定的な仕事を確保することが前提です。
私は営業の仕事でしたが、担当エリアは神奈川で、住んでるところも町田だったので、わざわざ東京まで出る必要はありませんでしたが、ただハンコを押しに会社に行く様なものでした。そしてハンコを押したらすぐ町田に戻って、ユーザー訪問してそのまま直帰するような日々を過ごしました。

実は私も10年以上前に、テレワークのようなことをやっていたのです。
恐らく時代の先駆けのようなことを、自分の発案で当時の事業部長に提案して、了解をもらって自宅を自宅兼事務所として営業の仕事をしていたのです。
まだ速度は遅かったですが、モバイルPCを持って、車を移動事務所のようにして、ユーザー回りをしていました。携帯はハンズフリーで使っていました。
それまでは神奈川に事務所があって、営業2人でやっていましたが、売り上げも伸びない中で、事務所の経費とか諸々の経費とか、払わなければならず、毎月赤字でした。仕事の量は一人でも十分やっていけそうな量しかなかったので、「私が一人でやります、売り上げは伸ばします」と、啖呵を切って火中の栗をあえて拾ったのでした。
その時は埼玉にいて、北関東が担当だったのですが、その前は元々その神奈川の事務所にいたので、勝手もわかりますし、土地勘もあり、ユーザーも知っていたので、即戦力はありました。あの2人の営業には負けない自信はありました。
曲がりなりにも3年間続けましたが、バブル崩壊後の厳しい中で思うように売り上げは伸びず、苦戦しましたが、少なくとも赤字にはなりませんでした。
訪問件数もかなり多くなったと思います。PAやコンビニ駐車場に車を停めて、PCで見積もりしたり、日報を送ったり、メールのやり取りしたしていましたが、速度が遅かったことを除けば、特に問題なくできたと思います。
問題といえば、何か困ったことがあっても助けてくれる人がいなかったこと。相談してくれる人がいなかったことですね。その辺のサポート体制も必要だったと思います。

しかし、新しいことを始めようとすると、必ず反発する人間もいて、権限のない人間が一人で何やっているんだとか、悪く言う人も多くて、サポートしてくれる人はいませんでした。私を買ってくれていた上司も本社に呼び戻されて、私はあちこちから攻撃されてほんとに辛かったです。時代の過渡期に身をもって犠牲になっているのに、評価されず、むしろ問題社員のレッテルを貼られてしまいました。赤字を少しでも減らそう、効率よく仕事しようという思いは、うちの会社の連中には通じませんでした。
私が個人企業として独立して、アウトソーシングという形で仕事を受ければ、自己責任として誰も何も言わなかったのでしょうけど、それだといつ切られるかわかりませんし、そこまでする勇気はありませんでした。会社という組織の中で、規則で縛られた状態では、一人だけテレワークさせてくださいということはまだ無理でした。
結局、私のテレワークは禁止されて、毎日東京の事務所まで行く羽目になりましたが、先に言ったとおり、効率は悪かったです。

政府も成果主義や能力主義に変えるように会社や組合に働きかけているようですが、成果が会社の中で、きちんと評価ができる態勢でないとやらない方がいい、というのが私の失敗から得た教訓です。
やった仕事が上司の胸一つで評価されてはかないません。言いがかりをつけられたり、やってもやってもゴールが逃げて行ったり、ハードルが高くなってはかないません。まだまだ改善の余地はあると思います。ポイント制にして、初めにいくら出すと決めて、やるのがベターだと思います。最低限のポイントも保証しないと、やったことが無駄になってしまいます。結果に満足してもしなくても、これだけはいただきますと、あらかじめ決めておけばトラブルにならなくて済むと思います。

労働力人口が減少する中で、優秀な人材確保が会社の命運にかかわることは言うまでもありません。これからは女性、高齢者、外国人も大いに活用しなくてはならないでしょうし、AIやロボットも活用しなくてはなりません。しかし、最終的には責任感ある、やる気のある社員がどれくらいいるのかで、会社の命運は決まると思います。ただ人を見る目のない、既得権にしがみついている、冒険をしたがらない上司が多いというのが現状ですね。
身をもって率先して新しいことにチャレンジする人間が犠牲になっている以上は、なかなか改革は進まないでしょう。
 

暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:いわ  投稿日:2017年 7月27日(木)16時03分13秒
  梅雨明けかと思ったら、蒸し暑い日が続きます。゚(゚´Д`゚)゚。
5月に長く療養していた父が逝き、先日忌明けしました。それを機会に横浜へ一週間ほど帰り、一人暮らしの長男の暮らしぶりを確認(?笑)することになりました。
微ジャングルになってる庭の草を取ったり、冷蔵庫の中を整理して、ついでに(!)久しぶりにコーラスの仲間と会って、練習にも参加したりして、充実した楽しい一週間でした。
岐阜に来て、父を看取り、今まだ母を見ていることに何の悔いもありませんが、ずいぶんできなくなったことが多いなあとも…
ところで、うちの長女はテレワークとなって三年ほどになります。電車通勤のできない弱者には、本当にありがたい働き方です。ただ、電話応対とか聞こえると会社に行っていた時の同僚や上司との信頼関係があってのやりやすさかもと。事務処理についてはよくわかりませんが、人によっては半日かかってもなかなかできないことが30分もかからずにできてしまうという積み重ねが…うーん、業務は完璧で当たり前で難しいですね-_-b
先月、ベランダの下の梁にツバメが巣を作っていて、ヒナをまじかに観察できるなーと楽しみにしていたら、ある日卵が下に落ちていて、黄色い残骸がありました。直前に、カラスとツバメがバサバサと音をたてていたので、その時に襲われたのですね。何日もかかって巣を作り、やっと産んだ卵なのに、、自然は非情です。今は、軒の下にあった蜂の巣を突つき落としました。怖くて外に出られません。それでまあ、投稿に至ったわけです(??????)
 

新しい人たちと

 投稿者:東洋人@docomo  投稿日:2017年 7月22日(土)16時24分2秒
編集済
    今週初めに異動があり、新しい部下(?なんか偉そうなので以下、仲間とします。)に毎日勉強会をしたり、ノミに行ったりで疲れた1週間でした。これから一年を通して仲間が無事ついてこれるか、病気にならないか、などと心配しながらも、この時期は地方出張の準備が中心なので、働くときは働き、お互い休める日は休みを取って大いに遊べたらよいと考えています。
  仲間への勉強の教材を考えるのも、自分の勉強になりますし、組織の活性化のためにも、次々に新人を入れて新鮮な血に入れ換えることが大切なんだと思います。
  今朝のYahooニュースをみたら、ボスが内閣改造で交替しそうな様子になってきました。そのボスの強い後押しで、わが社は「テレワーク」が推奨されています。情報通信技術を用いた働き方、テレコミュニケーション・ワーキングの略でしょうか。自宅でsecurityを保ちながら、会社にいるのと同じ状態でパソコン仕事ができるというものです。全く野放しで仕事をさせるには至っておらず、上司等からのメールにすぐに反応できるようなネット環境、おそらく事務系仕事に限られますが、社会全体に浸透させるために先進事例を積み重ねているわけです。
  実は20年前に既にテレワーク実験をしてましたが、まだ新人の私が指名され、三鷹の自宅から立川に下り出勤し、サテライトオフィスで何人か集まって個室でパソコンに向かうという勤務経験があります。10回近く行かせていただきました。その頃は、securityや技術的な制約があって、自宅ではsecurity上、簡単にアクセスできない時代だったんです。他の方は部屋を改造して専用回線を引いた「自宅テレワーク」の先駆けの方もいましたが、難点は、改造してしまったので簡単には止められないということです(笑)。
  きっと今でもそうですが、全社員が満員電車で汗を流しながら仕事場に向かうのが義務であり、当然のこととされるなか(特に若いやつを一人にしたら、絶対サボるという見方をするオヤジたちが大勢で、カメラで監視をされていても、翌日職場に出勤すると、普段以上に書類が山積みされていました。まるで腹いせのように…)、同じ成果を出せるなら、通勤しないで仕事させることで、無駄な汗、疲労、交通費などを減らし、通勤に要していた時間を他のことに使える。私みたいな頑強な人がやるとサボってると疑う人がいそうですけど(笑)、例えば病弱な人や高齢者年、幼い子の子育て世代が働き続けやすい環境が、わが社の進める通信技術の進歩で可能になるという夢の働き方ではないでしょうか。
  ところが、1年前に久々に実験したとき、なぜか私の家の回線では仕事場の通信環境にアクセスできず、無理だと判明したので電車で出勤した失敗例があったものですから、他の人が実施していても、私は何となく取り組めずにいました。そのうち技術の進歩があり、更改された新パソコンであれば簡単につながることが今月の頭に分かりました。なんと今では、特殊なUSBを自宅のパソコンに差し込むだけで、完全に職場の端末に切り替わるまで、機材の準備が不要になってきました。
  きたる東京オリンピックが7/24開始なんでしょうか、つまり来週月曜の日を「テレワークDay」と名付け、大半の人が実行するよう指令が下りていまして、月曜は電車に乗る人が普段より千人か数千人減るかもしれません。ボスが職場の事務室を巡回して、来てる人が少ないことを確認するという話があり、御本人は離婚だとか交替だとか報道されてるので、あまり多くの社員に会いたくもなさそうですが、私も自宅で始業メールを出して働く予定です。
  外回りの仕事をする職種では、上司の目が届かなくても正規の勤務とされているのに、デスクワークを一人にしたらサボるという前提があるのでしょうか、いまは事務系でないと実現不能ですが、例えばエネルギーを移転できれば、肉体労働でさえも自宅でできる未来がくるでしょうか。AIの導入とか、根本的な働き方改革の基礎を、わが社では真面目に考えている人たちがいます。ドラえもんの世界が届きそうです。
  
 

まだ続く東京都合唱祭(笑)

 投稿者:東洋人@docomo  投稿日:2017年 7月17日(月)16時47分17秒
    本日もというか土曜と祝日も、東京都合唱祭の続きが繰り広げられています。盆の週末も使って、最終的に三百以上の団体が歌うと聞きます。一体、聴衆もいないような演奏ステージに何をかけるというのでしょうか。
  そんな私も先週の日曜をつぶして出演してきた訳ですが(笑)、本日は息子を銀座に送る帰り道、アンサンブルメンバーの一人が指揮者を務める団体の演奏があるので、新宿文化センターに再び足を運びました。
  その方は今では我がグループの全身に必要な人となっていますが、一番の新参者です。全国の知人を東京に集めて、一度きりの演奏をするスタンスで、団名もそのような名前でした。若くて一生懸命声を合わせてる感じの、好感度の高い演奏を聴いて安心しました。感想を求められてもうまく答えられるからです(笑)
  この方は結局、三団体で出演したので、その分の参加費と打上代を惜しむことなく投入されたわけですね。私は1つでも金が減っていくのをドキドキしながら、お子さまみたいな金銭感覚で後何年かやっていかなくてはなりません。いまは子供に何としても資本を集中するので家計を一本にする意味がありますが、独立し始めたら、別に私の口座は私が遣り繰りすれば構わないでしょう(独り占めするわけではないので誤解なきように。)。金が回せる頃には体力も気力も衰え、何もしたくなくなったら残念でしょうけど、あと20年は気力は振り絞れるような気がしています。
  そうしたら、多少装備に金のかかる山登りとか、外国の旅なんていいかもしれませんね。暇さえあれば合唱ばかりしているのは不健全です。
 

レンタル掲示板
/42