teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


まさにブルースカイ

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 5月20日(日)11時03分42秒
  雨上がりの列島は、高気圧に覆われて、涼しい良い天気となりました。
雲一つない青空と新緑が目に優しい、気持ちの良い週末を過ごしております。
ブルースカイブルーも、改めてしみじみと聞いてみると名曲ですね。まるで空の上から歌ってくださっているかのようです。
亡くなった後になっていくらほめたたえても、本人には届きません。だったら生きている間に言ってあげればよかったのにと、いつも思うのですが、それが人の心なのでしょうか。
何もできないは私は、自分の仕事を精いっぱいやるだけです。
 
 

ブルースカイ ブルー

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 5月19日(土)21時28分53秒
  https://youtu.be/pDUpRSGpMfM
御冥福をお祈りします。
広島出身とされていますが、地元で過ごされた逸話などもあるのでしょうか?

このブルースカイブルーが、私がカラオケでたまに選曲する名作です。
 

5月も半ば

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 5月16日(水)05時38分27秒
  気がつけば5月も半ば。連休が終わって、いつもの忙しい毎日に戻っています。
土曜日は仕事でしたが、夕方から新入社員の歓迎会に行きました。
広島駅の近くで飲みましたが、ちょうどカープの試合が終わって、赤いユニフォームを着た群衆が、どっと飲み屋街になだれ込んできて、ちょっと怖い気もしましたが、今年のカープも強いみたいで、広島の景気の牽引となればいいと思います。

日曜日は雨でしたが、別にどこに行く予定もなかったので、家でのんびりしました。なんか疲れが取れないこの頃です。
日曜日の夕方は、ひと風呂浴びて飯食いながら、笑点、バンキシャ、鉄腕ダッシュ、そして私は大河を見るのがお決まりで、また明日から仕事頑張ろうという気になるのですが、鉄腕ダッシュが例の事件で最近見れなくなって、つまらないのですが、ぜひとも乗り越えてほしいですね。
始まりがあれば終わりもあるのでしょうけど、50、60になってもアイドルとしてがんばってほしいです。
あの番組は子供からお年寄りまで、一緒に楽しめる、国民的な番組として結構長く続いていますが、私が感じるに、全体を通して流れるテーマは、「デフレの世の中を明るき生きる」というのがモチーフかなと思います。
何もないところに何かを作って、お金がなくても一緒に楽しく頑張るという、我々が忘れていた縄文人的な血をにぎ立たされるようなロマンを感じさせて、バブル崩壊後の閉塞感のある社会の中で多くの人たちの共感を得て、今日まで続いてきたのが人気の秘密だと思います。
それに対してFテレビは、80年代の漫才ブームをきっかけに、「面白くなければテレビじゃない」をテーマに、バブルに乗っかって権勢を誇ってきたのでしょう。「一億総白痴化」などと言われたこともありました。しかし国民はそこまで馬鹿ではなかった。
軌道修正が遅れたのが凋落の原因だと思います。面白ければ何をやってもいいいいというわけでもありませんし、笑いの質も問われるご時世にかわってきていかわってきているのかもしれません。私もお笑い番組は好きですが、下品でなく、嫌みのないお笑いが好きです。
旅番組とかも好きですし、見て感動を与えられる番組、勉強になる番組が私は好きです。
 

ヨリコと愉快な仲間たち

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 5月12日(土)21時02分35秒
    私が何年か前まで在籍した大久保混声でご一緒したSopranoの方が人生の節目の歳を迎えられ、声楽科出身でもありますし独唱を含め5ステージにわたる個人の名を冠した演奏会を設けられました。
  先週ようやく私のところにもお誘いがきたので、バスで数停留所の白寿ホールに聴きに行きました。
  武蔵野音大系統やこれまでの様々なつながりから、趣向をこらした演出で楽しく拝聴することができました。私は自らの意思で抜け出してきた大久保メンバーと会うのが面倒でしたので、1ステージ残したところで失礼しようとしたところ、久々に会った別のグループの人たちと少しお茶して、音楽のお喋りをして帰路に着きました。
  大久保OBOGメンバーによる演奏もあり、なぜか大久保の指揮者でない人が振っているのが微妙でしたが、かつては歌うことの多かった、
高田三郎作曲『心の四季』より 風が
https://youtu.be/3BUeWyCC-V0
を聴いて懐かしくなりました。
  このリンクをはったYoutubeは大阪の豊中混声のものですが、この団は大久保以上に高田作品に心血を注ぎ、大変に感動的なレコードを残している、憧れの団です。ここを昔振っておられたのが、須賀ケイイチさんという米寿を迎える指揮者で、Saiさんが東京で活動されている団の名誉指揮者でもあるはずです。
  この方を6月に東京に迎えて講習会をもつのが、最近投稿しています『ひたすらな道』なんです。私が東京に出てきた年だったか、まだ指揮を振れていた高田先生自身の演奏を目の当たりにし涙が溢れたのを昨日のように覚えてますが、あれから四半世紀経ち、教え子の須賀先生も指揮が難しい体調だと伺っています。
  その人の講習会を面倒だからとスルーしたときに、とんでもない後悔をしそうな気がするので、本当に二日がかりの日程でつらいんですが、来週口座振込して申し込もうとしています。
  今のアンサンブルグループにも後悔をしないように何度か伝えてましたところ、先ほど一人、申し込んでみたいと連絡を受けました。
  東京連盟の総会で聞いたところでは、定員の2~3割程度しか申込がないそうです。私としては変に大人数になるよりも、少数精鋭(笑)で先生と目を合わせて貴重な糧を得たいなとイメージばかりが進んでいます。
 

TokyoCantat2018終演

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 5月 6日(日)18時29分49秒
編集済
    毎年の恒例行事のように書いてるので飽きた方、失礼します。今年の連休ずっと合唱に時間を捧げてきた方々のお祭りが終わりました。
  ここ数年招聘講師&指揮者としてエルヴィン・オルトナー氏が元気な姿を見せてくれています。彼は世にいうシェーンベルグ合唱団(作曲家の名を冠した団)の創設者で、あの分野でグラミー賞みたいな功績を残した偉人で、5月連休は日本独特の休暇なのかもしれませんけど、毎年来日して東洋のアマチュアに熱心な指導をしてくださる貴重な人です。彼が来てくれるというなら日本から断ることは不可能ではないでしょうか?
  私は公開練習を含めて連休を3日これに費やしました。聴くだけなので疲れません。歌い続けた合唱人に拍手を送りたいです。
  うまい団とこれからの団の実力が随分離れていますが、精進し続けることでうまい団の人に仲間入りする若者も出てくるでしょう。うまいのは「栗友会」と「PVD」です。こうした団は昔はコンクールで箔をつけたりはしたものの、すっかりコンクールは卒業し、演奏会やレコーディングのセミプロ世界に進んでいます。
  私の今年の収穫は、プロの東京混声合唱団にバリトンで活躍されている方が、同じ公開練習を聴講されていたことです。そっくりさんではなく、扱われ方からして間違いないです。知人か親類の若い人が歌い手にいたのか、ただ純粋に外国の招聘講師の指導をご覧になりたかったのか。そこは不明です。
  うちのアンサンブルグループは誰も聴きに来てませんが、私の行動が間違ってはいないと自信を持たせてくれました。
  一方、広島では参加型の合唱講習会があり、昨日で終わり、今日は宮島に遊びにいった人がいるようです。毎年、開催地を変えているので旅行と歌うのが好きな金持ちにむいてそうです。
  では、電車を乗り換えるので失礼します。

  帰宅して思い出したのでリンクをば。
  最後にオルトナ氏が演奏された、アーノルド・シェーンベルク作曲の『地上の平和』などと訳されている、十二音技法による名曲です。
https://youtu.be/TxTuAbV8sz0
  歌い手は英国の放送合唱団、BBCシンガーズです。ちょっとヴィブラートかけすぎですね。(笑)
 

一人株主総会

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 5月 5日(土)11時27分24秒
編集済
  5月連休も、なんだかんだと今日を入れてあと2日です。
あれしたいこれしたいと言う思いはいろいろあっても、目先のことに囚われて結局何もできずに終わってします。
まるで私の人生の縮図のようです。

それでもこの連休中に家計簿集計表を更新しました。遊びみたいなものですが。
結婚してまだ2、3年程度の会社の若い連中に、「お前ら、家の家計簿はちゃんとつけとるんか」と聞くと、つけていないと言います。
PC持っとるんならエクセルで作れるだろう、と言うとエクセルは入れていないと言います。廉価版のモドキみたいなやつもあるぞと言っても、そんなものつけてどうするんですか、と逆に聞かれてしまいます。「そりゃ、物価の推移を見たり、支出の管理とかできるだろう」と言っても関心を示しません。別に本人たちがそれでいいのなら何も言いません。
私の場合も趣味みたいなものです。しかし、自分が年を取るとともに、ライフスタイルの変化とか家族の成長とかいろんな要因によって、支出を記録することは無意味ではないと思います。
給料明細も最近はメールの添付で送ってくるようになったのですが、見てもがっかりするだけなので、ロクに開かずにストックしていたのですが、この連休中にすべて集計しました。
それと家計簿を合わせて、自分の家の収支をきちんと把握しておけば、一人前の社会人として恥ずかしくないと思います。

ということで、昨年4月から今年3月までの2017年度の結果ですが、まず支出が増えたのが食費、2016年度に比べて月平均14,000増えました。やはり食料品の物価高騰が大きな要因と思われます。天候不良も影響したと思います。
次に増えたのがガソリン代。月平均7,000弱くらい前年度に比べて増えました。
逆に下がったのはアルコール代、日用品で、1,000~3,000程度減らしました。これは節約努力に他なりません。その他の項目はほぼ横ばいですが、若干上昇傾向にあります。
全体の支出としては、毎月平均23,000ほど増えています。エンゲル係数も前年度に比べて2.6%増えています。消費税が5%の頃と比べて、10%以上も増えました。
特に贅沢は何もしていません。趣味らしい趣味もありません。ごく平均的なサラリーマン家庭だと思っています。旅行も年数回程度しますが、あまり高いホテルとかは泊まりません。安近短という感じで、2泊以上することはありません。

収入に関してはベースアップは数千円程度で毎年推移していますが、それに伴って所得税や保険料とかも上がっているので、手取りはあまり変わっていません。
昨年、職場を変わって残業が増えた分、昨年度は若干増えていますが、それ以上に支出が増えているので、焼け石にスズメの涙です。
手元に残るお金は、2014年度の方が今よりはるかに多かったというデータになっています。

収入が上がらないのに物価だけが上がると、ますます支出を控え、デフレ志向が強まります。
政府はデフレの脱却を目指していますが、少子が進む世の中では購買力も上がりませんし、財政投融資よりもまず少子化対策。少なくとも未婚率を減らすこと。方法はみんなで考えましょう。

とにかく一般サラリーマンの私に関しては、何も変わっていない。それがアベノミクスの実態です。
これからどうやって支出を減らしていこう。新緑の春なのに、心の中では荒廃した枯野の中で一人たたずんで思い悩んでいます
 

雨上がり

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 5月 4日(金)18時18分18秒
  なかなか素敵な曲ですね。

さて、昨晩は外で台風のような強い風が吹いて不気味でしたが、今日は朝から台風一過のような爽やかな天気となりました。一時的に冬型の気圧配置になっているのか、今日は肌寒いです。散らかった落ち葉をせっせと掃いて、レレレのレという感じでした。

雨の日は雨の日なりに晴耕雨読で、昨日は新刊の本を2冊買って、一気読みしました。
今日もPCの前に座って、毎月の給料明細の集計とかやっています。なんだかんだと一日が終わりそうです。給料明細なんかどうせ変わらないのだし、ロクに見やしないのですが、やはりデータとして項目ごとの推移を記録することは必要だと思います。
定期昇給は微増しても毎月引かれる保険料も上がっているので、結局手取りは上がっていません。働けど働けど、わが暮らし楽にならずです。
明日は家計簿の推移グラフを更新したいと思っています。数年前と比べて、どのように支出が推移しているのか確認してみたいです。
なんか休みといっても普段の会社の仕事を家でやっている感じで、休んだ感じがしませんが、それでもこういう家のことは連休中じゃないとゆっくりできません。
家も会社の経営と同じで、自分の家の経済状態がどうなんだろうとか、嫌でも現実を直視しなければなりません。それも家長の責任です。

連休前半に近所の人とまた、庭でバーベキューをしました。
以前ほど肉も食べれなくなりましたが、外で食事するもの気分がいいものです。昼間からアルコールを飲んで、サイコーでした。
 

爽やかな5月に

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 5月 3日(木)14時17分12秒
    私も今日から四連休を味わいます。
  雨が去って風は強いのですが新宿に散歩に出ました。
  いつも夜はテレビ権、というより座る場所もない私は、Youtubeが楽しみな粗大ゴミと化しておりますが、こんな季節はやはり爽やかな感じの曲を聴きたくなります。
  先日も小林秀雄氏の作曲した無伴奏合唱組曲で、前回ご紹介したものを演奏する会があり、貴重な機会なので築地のホールで聴いてきました。
  こんなには上手くありませんが、Tenorでいい感じの人が確認でき楽しめました。
  ↓
https://youtu.be/Ap85VliGkz8

  小林秀雄というと文学者の方が知られてますが、音楽家の別の人も業界では尊敬されていて、昔の合唱団に名前を秀雄と名付けられた方がいました。名付けた父親は指揮者でした。
  さて、明日からはTokyoCantat2018が連日開催されるので、練習を見たり、本番も楽しみにしている5月連休であります。

   小さい頃から大きな肉を食べたことがないので(注:普通の安い焼き肉はあります。)、この頃は、ステーキなど大きな肉が食べたいと思うようになりました。
   2食食べたと思えばできることので、実行するようになれたということですね。
 

連休満喫中

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 5月 1日(火)11時29分7秒
  5月連休に入りましたが、緊張の糸が解れているのか、気が抜けたみたいに何をするにも力が入りません。
何もしなくても誰から文句言われないのが休日ですから、ゆっくり英気を養いたいです。
埼玉のホテルで寝ていたら、朝の5時前には日が差していて、夜明けの早さにびっくりしましたが、こちらは40分~50分ほど朝寝坊できます。
埼玉の工場にも3年間いました。その当時は私も新婚で、大宮に住んでいました。一番幸せで、思い出深い時期でした。あの頃は何もかもが楽しくて、仕事も順調で、そのまま埼玉にいればよかったと後悔しています。私がいれば埼玉の工場ももっと栄えていたかもしれません。

録り溜めたビデオにBSプレミアムの「怪談」という小泉八雲の有名な作品のオムニバスの古い映画があって、先日見たら往年の名優たちの若いころの演技がよくて、その中でも「黒髪」という作品が一番面白くて怖かったです。
没落した家を捨てて、奥さんも捨てて、名家に養子になった主人公が、新しい家で気の強い奥さんと堅ぐるしい生活をすることに耐えかねて、何年ぶりに昔の家に逃げ帰るのですが、帰った家は荒れ果てて、廃墟同然になっていて、茫然と家の中に入ると、昔の奥さんがまだいて、昔のまま織物をしていて、涙ながらに自分のわがままを詫びて、元の奥さんと久しぶりの楽しい一夜を過ごすのですが、朝、日が差して目が覚めると、実は家は廃墟のままで自分は幻を見ていたにすぎないというオチで、妻はすでに亡くなっていて、黒髪だけが自分にまとわりついていたという怖い話をなぜか思い出しました。
埼玉の工場のメンバーもみんな元気でしたが、みんな昔のまま変わらないのがよかったです。

連休に入って概ね天気も良く、今朝は久しぶりに近くの峠の坂道を登って、呉湾を見ましたが霞んでいました。でも暑くも寒くもなく、1年で1番いい気候を迎えているのではないでしょうか。

庭の手入れも終わったので、録り溜めしたビデオを見たり、買ったままの本とか読んで、ボチボチやっていると1週間はあっという間に過ぎてしまうのでしょうね。
昨年植えたバラも大きく育って、赤い花をつけています。成長が楽しみです。
 

連休開始

 投稿者:東洋人  投稿日:2018年 4月28日(土)10時48分53秒
  Monchan、埼玉出張おつかれさまです。
キノコほうとうは、食したことがありません。

こうして大型連休を迎え、多分終わってみればあっという間だったと思うのでしょうが、五月晴れで気分が開放的になりますよね。

都内では合唱イベントも色々あって楽しみにしています。
普段遊べない友人とくだらない時間をつぶしたりして、英気を養いたいものです。
 

おはようございます。

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 4月26日(木)06時48分55秒
  今朝も朝から良い天気です。
ホテルの窓からは関東平野が見渡せます。
今日も暑くなることは間違いないでしょう。

昨晩はあれから温泉施設に行って汗を流し、旅の疲れを取りました。
泉質もヌルヌルと肌に滑らかで気持ちよかったです。
夜は風も出てきて(上州名物のからっ風?)、新緑の匂いが何とも気分良かったです。

昨晩はキノコほうとうを食べました。
レストランはあちこちにあるのですが、全国どこにでもあるチェーン店よりも、せっかくだから
その土地にしかない物が食べたい。ということで、おそらく地元産の野菜をふんだんに使ったほうとうを食いました。
いや良かった。たまには独身に戻って、息抜きするのも悪くない。

しかし、今日は帰らなくてはなりません。でも明日仕事に出れば、週末から待ちに待った連休です。
またこちらに戻ってこようかな??。
でも単身は確かに寂しいし・・・。
心は揺らぐけど、出張もたまにするからいいんでしょうね。
家に帰れば家が一番だと思うのは分かっている。

朝食バイキングをこれから食って、今日も一日頑張ろう!。
 

埼玉の工場に来ました

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 4月25日(水)18時16分10秒
  もう何年ぶりでしょうか。
久々に出張でこちらの工場にやってきました。雨上がりの都会は夏の暑さでした。

工場のみんなも10年ぶりに会う人もいて、お互い年は取ったんでしょうけど、みんな元気そうでよかったです。若い知らない子たちも増えていますが、活気があっていいと思いました。
今はホテルからですが、これから近くの温泉施設に行きます。

山手線で東京から上野まで乗りましたが、やはり都会はいいですね。自販機がタッチパネルになっているのは知りませんでした。
今回は急ぎ足ですが、またいつか、関東をゆっくり車で回ってみたいものです。
 

半袖の人ばかり

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 4月22日(日)18時09分59秒
     今日は全国的に夏日に近い好天となりました。私も半袖に着替えて、表参道にショッピングを決め込みました。
  とはいえ、高級洋服店等ではなく、そこだけで合唱楽譜を取り扱うということで、2千円もしない高田三郎先生の『ひたすらな道』を予約していたので受け取りに行き、後は表参道ヒルズの中を検査するかのように巡回して帰宅しました。
  店内には肉屋でも驚くような高価な値札が出ていまして、もうじき人生の晩年に向かわなくてはならないのに、あと少し高級○僚に辿り着けていない哀しさwwを覚えました。 まあでも所詮小さな肉ですから無理して暖簾を潜れなくもないのですが、全く値段を気にせず、単に誰と食事するか位の判断で御用達にできる人は沢山いそうな気がします。
  このへんの街は、11時から開店するので、街路に座って待っている人、すなわちこの街での過ごし方に慣れていない人たちが沢山来ているようです。
   先週から、一年の総仕上げとして、巨悪との神経線が始まっています。今までよく働いてきたので、今年は苦戦しそうにないのが、土日も晴れ晴れとした気分でいられる理由かもしれません。2か月程度神経を使って、6月には次の一年の企画に取り組めたら良いな、と思っています。
 

初夏ですね

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 4月22日(日)13時19分21秒
  ご無沙汰しております。
新年度になっても慌ただしく時間が過ぎ、ゆっくりと桜を愛でる暇もありませんでしたが、今度はいきなり初夏の陽気です。
季節の移り変わりが早すぎて、いつも取り残されてしまい、自分の事は何もできていませんが、少なくとも体調管理だけはしっかりとして、春バテを防ぎたいです。

ところで、ここ何年も出張とかなかったのですが、来週は埼玉の工場に行きます。一泊二日の予定ですが、その翌日は仕事なので、すぐ帰らなくてはならず、ゆっくり東京見物できるような時間はありません。申し訳ありません。
来週末からは待ちに待ったGWに突入します。仕事がなければそのままGWまで有休を使って、GW中を関東で過ごせたのに残念です。
でも久しぶりに都会の空気を吸って、その雰囲気だけ味わいたいと思っています。
 

Ku-kaiの映画

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 4月 7日(土)21時38分11秒
     4月の最初の週は華やかにスタートしました。
  火曜に長男、金曜に次男の進学先での入学式。二人とも何らかの希望を抱きながら新しい生活に向かう様子が、何よりもありがたいことです。働きだすと大きな節目といっても、結婚とか一人暮らしという程度ですから。倅は相変わらず家で親に面倒みてもらってるので、何か内面を成長させるために、打ち込めるものを見つけるなどしてほしいと、勝手に心配しています。
  今は自動車運転免許を取るために教習所に通い、新歓コンパだとかで一層夜遅く帰るようになり、タイミングによっては(同じ家に寝泊まりしてるのに)何日も会わないことがあります。頼むから事故らないでほしい。
  それと木曜には、オリエンテーションそこそこに、全国のスカウトの代表として東宮御所に招かれて良いことがあったようです。
  さて私の方は大きな変化はありませんが、桜も散ってしまったせいで皇居周りを歩く人が減ってきました。それで、いつものランニング仲間と二人で、昼休みのランニングを開始しました。しばらく走ってないので腿の筋肉が痛くて、このダメージが出ないようになるまでに、何度か繰り返し走らないといけません。体を動かしていると、澄んだ空気のなか山々を暗くなるまで歩く四国のお遍路が恋しくなり、昨日ネット検索していたら、中国と合作で作成された『Ku-kai 美女のなんとか』という映画が全国で放映されていることに気付き、今日新宿で観てきました。
  ストーリー的には、遣唐使で長安に行き、惠果和尚と出会う前の空海が、玄宗皇帝や楊貴妃にまつわる呪いや幻術で騒動に巻き込まれる感じのもので、お持ち帰りになる密教の精神みたいな話には至ってません。しかし1300年位前に海を行き来し、仏教的秘宝を持ち帰った空海の行動力を想像すると、やはり脚が四国に向かってしまいそうになります。
  今の仕事の区切りが6月末というラインをもつ関係で、思わず航空チケットを予約してしまいました。果たして上手く飛べるかは分かりませんが、少し先に楽しみなことが決まると、なんとなく生活にも張りが出ますし、金と体力の続く範囲で頑張っていきたいと思います。
 

息子の進学

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 4月 3日(火)11時06分38秒
    今週から上司と部下も交替があり、昨日は色々オリエンテーションしたり、よく分からない身の回りをサポートしたりしました。奇遇ですが両方とも喫煙者なので、絶対的禁煙車である私から見て、人として信頼できるかは先の話になりそうです。
  それはともかく、妻も転勤したり、二人の息子も無事進学できました。まあひと安心です。ボーイスカウトの方でも、それぞれ上のステップに進みまして、父親ながら、息子たちが上手い具合に組織の歯車にはまって、喜びながら参加できていることを不思議に思います。きっかけには、海外派遣や特別待遇賞の授与があったはずですが、金をかけてきました。私の靴下や服は綻びていて、貧乏性だからダメだと叱られています。
  先ほど長男の大学入学式に行って、早々と職場まで戻ってきましたが、一時間単位の年休が1130まででキリが良いため、正に今は、喫茶店でのんびりしています。
  公文書の改竄事件の余波は来ていまして、きちんと体系的に文書の整理をする話になっています。今もきれいな感じではあるのですが、部署によっては、明治以降の我が国の行政文書が混乱して保存されてる可能性はあります。それでも平成13年の省庁再編のとき、引っ越しをした旧US省みたいな役所は、一度整理する機会があったはずです。
  報道でよく、「公文書の信頼が損なわれた」といい、「信頼を回復するために文書の総点検を行う」みたいないわれかたをしてます。たぶん印象操作のためにそんな言葉を使いますが、外国との密約みたいな高度な政治性を伴う文書だと、改竄の必要もあるのかもしれませんが、普通は余計な細かい情報を書いたりしないものです。一部の事件を引き合いに大勢の何の仕込みもない省庁が巻き込まれております。
   まあ何にしても、整理整頓の機会を得たということで、感謝して承る所存です。
 

桜満開

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 3月25日(日)15時52分14秒
編集済
    いわさんも時々横浜付近にいらっしゃるのですね。数少ない機会ですから、花見のセット等してロコモOBを集めたりできると良かったかも。
  私の方は、今週(この数日前)息子たちの中学高校の卒業式を迎え、両方とも仕事を半日さぼって参加してきました。部下も具体的な異動先が決まり、ついでに優しかった上司も交替が決まりました。次は各方面に恐れられている、以前ご一緒したことのある方が戻ってきます。
  アンサンブルグループとは、昨日の練習時に年間計画を話し合い、不満や疑心暗鬼も交錯するなか、おおよその方針が共有された感じです。朝日コンクールの課題曲はおそらく新人作曲家のG4になるでしょう。
  メンバーの中には、古典的な名曲、G1(Agnusdei)を歌いたがっている人は多く、私もこの旋律に浸ってみたい。
●G1
https://youtu.be/4qlgQoVshf4
●G2
https://youtu.be/UmSUXqQUPqk
●G3
https://youtu.be/vBwizxh1u-M
●G4
https://youtu.be/HAT888DGowI

  さあ次の年度にはいると、入学式や飲み会だで疲れそうです。昼休みに走ったりして、軽装が似合うスリムな体作りも始めなければ(笑)
 

今日はお花見

 投稿者:いわ  投稿日:2018年 3月24日(土)04時16分13秒
  ご無沙汰してますです。先々月の風邪がこじれて2月になっても不調で、参加予定のコーラルフェストも残念!なことに横浜に来ることも出来ず( ;  ; )コーラスの仲間に迷惑をかけてしまいました。歳のせいなのか、ここ何年かの疲れが出てるのか、何かの禊ぎなのか…未だに右手の指先が痺れていて、何で??って感じです。
3月になってから娘と横浜に来て、3週間ほど滞在してます。息子一人の静かな生活がすごくにぎやかになってしまい、生活のリズムが変わったところでまた今週末に岐阜へ帰るので、ちょっと大変かも(m(_ _)m…誰が(笑笑)
娘は今回ハードディスクやモニターも持参したので、ここで仕事をしています。テレワークって、条件が揃えば場所を選ばないので良いですね。
前回のように、夫と来て2~3日の滞在であれこれ人に会い、歌ったりステージにも参加して家の掃除もして帰ると、ダメージが大きくなかなか回復しないので、無理はしないつもりできています。家の掃除も1週間かけてゆっくりやりました。出張で仕事をするって大変ですねー
横浜の家の周りは、ここのところ宅地造成ばかりで、緑がどんどん少なくなりコンクリートとアスファルトが増え息苦しさを覚えます。越してきた頃は、岐阜より田舎っぽかったのですが、、、
うーん、慣れてしまえばどこも都かしら。
 

ドラゴン桜

 投稿者:Monchan  投稿日:2018年 3月17日(土)22時27分47秒
  卒業、入学のシーズンですね。受験生を抱える親御さんは大変だったと思います。
今更ながら、私ももっと勉強しておけばよかったなと後悔しております。

今週末も良い天気に恵まれましたが、実は腹を壊してしまって、嘔吐と下痢で苦しんで、食事もろくにできずに寝るだけという、さえない週末となってしまいました。
先週食べた牡蛎が当たったわけではなく、おそらく昨日かおとといに食べた冷凍のサバの味噌煮が当たったんだと思います。
職場でもずっと辛っかたのですが我慢して、うちに帰ったらすぐに寝ました。少しはよくなりましたが、まだ少し腹が痛いです。
食べれないと頭がボーっとして、顔色も悪くて、肌がカサカサになります。歩くのもよろよろして、さえませんでした。

でも外に行けなくても、例の「里山資本主義」という本を最後まで読み切ることができました。良い本にめぐり会ったと思いました。私も里山資本主義に賛成します。
私も会社を定年退職したら、近くの耕作放棄地を借りて、趣味で農業でもやりたいものです。今、住んでる場所も半分田舎ですが、耕作放棄地はいくらでもあって、草がぼうぼうで無残なものです。崩れかけた空き家や蔓草に覆われた空き家も目立ちます。もっと活用できないかと前から思っていました。
ただ素人が気楽に始められるほど、農業は甘いものではないでしょう。誰かに指導してもらわないと、けがの元です。そういう仲介をしてくれる地方自治体や団体があれば助かります。農業で生計を立てるのではなくて、あくまで趣味として初めて、うまくいけば小遣い稼ぎができる程度になれれば、豊かな老後生活が楽しめそうです。
マネー資本主義は確かに弊害はあると思いますが、国全体が里山資本主義化することは今さら不可能です。
マネー資本主義はそれはそれで、IT社会を押し進め、グローバルに近代化を進めることができたと思います。技術革新には投資は不可欠だと思います。
だから若いうちは都会で働いて先端技術に触れて、そのうち田舎に帰って自分のペースでやりたいことをするというのも理想的かもしれません。
いまは全国的にインフラも整備されて、通販でいろんなものがすぐに手に入る時代ですから、田舎に引け目を感じる必要はありません。
先端技術と農業のコラボも可能だと思います。例えば農業のioT化とか。自動運転の車が作れるなら、自動耕運機とか、田植えロボットとか、稲刈りロボットとか作れるはずです。すでにお掃除ロボットができているのですから、田んぼや畑のエリア内を自動で動き回る耕運機くらいはできるはずです。自動車メーカーのホンダもどうせ耕運機を作るなら、自動運転の耕運機を作った方が売れると思います。ただ安全性は前提条件だと思いますから、人が近づくとストップしたり、警告したり、異変を通報したりする機能は必要かもしれません。
高齢化で人手が減っている農業こそ、ロボット活用をどんどん取り入れるべきです。昔、21エモンという漫画に出ていた芋ほりロボットのゴンスケが実際に登場する日も遠くないかもしれません。
もしロボットが何もかもやってくれれば、若者も気楽に農業を始める人が増えるかもしれません。農業ロボットの販売や修理やメンテをする営業所もできて、新たな雇用を生むでしょう。もちろんロボットのエネルギーは化石燃料ではなく、充電式で環境にもやさしい。なにもかも良い事づくめの未来の里山資本主義をぜひ実現したいものです。
 

標本桜

 投稿者:東洋人@XPERIA  投稿日:2018年 3月17日(土)15時11分1秒
     これから各地でソメイヨシノが開花していきそうな晴天です。その開花の目安にされる桜の標本木は、東京だと有名な靖国神社境内にある木ですが、もしかしたら丁度検査に来ていたりして、などと思いながら靖国神社に行って来ました。
  隣の武道館では帝京大学グループの卒業式と看板があり(グループって、短大等でしょうか?)、大正ロマンの和装の女生徒が沢山歩いていました。大学生ともなると、親御さんは全く見かけません。私は来週、兄弟の卒業式のため午前年休を頂戴する予定ですが、同僚はお子さんの卒業式に出張をぶつけられ、申し訳ない負い目を感じながら、でも休みます。
   それで標本桜に着いたところ、まだ蕾でした。それでも大勢の年配の方々が集まって眺めたり、写真を撮ったりされてます。隣では、法政大学の能の部活動を舞台で繰り広げていたり、靖国そのものが賑わっているので、凛とした空気のなか、よい時間を過ごせたような気がします。
   さて昨日で長い半年間の出張行脚も終わりました。我ながら立派な成果を残せましたし、そろそろ卒業という頃合いですが、先日書きましたように、後継者が他所に旅立ちそうなので残留の予感がしてきました。
   安堵感、脱力感、花粉ストレス、肥満と幾つかの要素に蝕まれましたが、間もなく桜も開花し、皇居ランも再開、別れと新しいメンバーとの出会い、我が子の卒業入学、と未来への楽しみもあります。
  靖国神社には人間魚雷(回天)や零戦などが陳列されている記念館があります。入館料が高いので今日はパスしましたが、ちょうどいま長男が、スカウト活動の海外派遣でハワイに行ってます。真珠湾で米海軍の関係者と逢ったりするようなので、私や爺さんたちも行ったことがない、けれど長年想いをめぐらしたことのある真珠湾に、息子が到達したことは、ちょっとした万感の思いがあります。あちらの国からすれば敵国のとんでもない攻撃ですし、体当たりなんて決して褒められた攻めかたではないと分かってますが、安寧を貪るのではなく歴史の上に今があることは忘れないつもりです。
 

レンタル掲示板
/45