<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


目からウロコ

 投稿者:大沢  投稿日:2020年11月24日(火)12時46分1秒
   角田さんの投稿で私の現在の体調に関係のある項目があり、
気になっています。それは、歩くと下半身が重く、歩きにく
いことです。整骨院にも行っているのですが、どうやら腸腰
筋の衰えにあるような気がしてきました。腸腰筋を鍛えるに
は両足を広げた状態でスクワットとありました。確かに楽に
なります。少し続けてみようと思います。お腹が張り出して
いるのもそのせいのような気がします。
 

初冬の寒気

 投稿者:前田  投稿日:2020年11月24日(火)05時56分48秒
編集済
  きのうの「勤労感謝の日」(十一月二十三日・月曜日)を含む三連休が明けて、「コロナ、コロナ」と、騒々しい週が始まる。特に今週は、「GO TO トラベル」や「GO TO イート」キャンペーンなど、政府施策の見直しで喧(かまびす)しくなりそうである。言うなれば政府と、専門家や分科会との喧々諤々の鬩(せめ)ぎ合いとなりそうである。いずれも、日本の国を案じてのことであれば、無関心ではおれなく、帰趨(きすう)を心して見守るべきであろう。それにしてもこのところの新型コロナウイルスの増勢ぶりには、確かにこの先が思いやられるところである。こんな中にあって起き立てのわが身は、思いがけない寒波に見舞われて震えている。初冬の気温であれば、このくらいの冷えは当たり前ではある。ところが、このところの暖かさに感(かま)けて私は、冬防寒重装備の着衣を脱ぎ去り、寒気に気を許していた。そのため、現在こうむっている寒さは、虚を衝かれたしっぺ返しと言えるだろう。きょう(十一月二十四日・火曜日)の私は、「寒気、いよいよ来たか!」の思いつのるばかりである。なんら実のない、起き立ての約十分間の殴り書きに甘んじて、文章を結ぶものである。現在時刻は、夜長にあっては真っ暗闇の夜明け前である(5:34)。早々と文章を結ぶのは、脳髄が寒気に怯えて、指先に何も伝えないからである。現在のわが脳髄は、俗に言う「空っぽ」である。夜が明ければ厭々する心身に鞭打ち道路へ向かい、落ち葉模様の見回りに出向くつもりである。実際には見回るまでもなくこの時期は日々、道路の掃除は免れない。いくらかの余得は、初冬の自然界のおりなす夜明けの風景を眺めて、起き立ての気分直しにありつけることである。まだ夜が明けない(5:44)。初冬の夜は長い。わが身は寒気に震えている。  

九州場所、大関貴景勝賜杯

 投稿者:前田  投稿日:2020年11月23日(月)02時44分0秒
編集済
  メディアの報じる配信ニュースから、意図的に新型コロナウイルスにかかわる記事を避けようと思えば、わが意に沿うものは指折るほどもない。きのう(十一月二十二日・日曜日)、大相撲九州場所は千秋楽を閉じた。異例まみれの九州場所だった。九州場所でありながら、例年の福岡開催ではなく、「両国国技館」(東京都墨田区)で行われた。観客は5000人に制限された。これらは新型コロナウイルスがもたらした一つの異例である。言うなれば外部異例である。もう一つは、今場所限定の内部異例である。二人の横綱と一人の大関は初日から全休し、さらにもう一人の大関(新大関正代)は、早々に途中休場を余儀なくした。結局、横綱と大関の五人の中にあって、九州場所をまっとうしたのは、大関貴景勝だけにすぎなかった。ところが、幸いかなるかな! 貴景勝は奮戦し、大関の面目を保って優勝した。前段を長々と書いたけれどわが魂胆は、貴景勝の優勝を伝える配信ニュースを引用するためのものだった。【貴景勝、来場所は綱取り「レベルの低い優勝も困る」】(2020年11月22日19時33分 日刊スポーツ)。「大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が18年九州場所以来2年ぶり2度目、大関としては初めての優勝を果たした。本割一発で決めることはできなかったものの、最後は勝ち切った。伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は来年初場所が貴景勝にとって綱とり場所になると明言した。横綱昇進には『2場所連続優勝もしくは、それに準ずる成績』という横綱審議委員会の内規がある。同審判部長は『当然、優勝となればそういう話になる』と説明。今場所は初日から白鵬、鶴竜の2横綱休場に加え、大関朝乃山、目玉だった新大関正代も途中休場した。この状況もあってか、来場所について『当然、優勝となればそういう話になる』と優勝を絶対条件にした。」長い夜にあっては真夜中同然(2:32)、私は夜明けまでのあり余る持ち時間を思案するところである。  

楽しみな健康作り

 投稿者:大沢  投稿日:2020年11月22日(日)16時12分35秒
   難しいですね。全身の筋肉をバランスよく使うということは、ラジオ体操ですかしら。
蛋白質不足というのも気になりますが、蛋白質を取り過ぎると体重が増えますよね。カ
ーブスに通っていた頃、蛋白質、蛋白質と言われて、ちょい足しして蛋白質を食べてい
て、体重がぐんぐん増えた経験があります。今は、やっぱり蛋白質は不足気味かも知れ
ません。食事制限をしていて、体重が10キロほど減りましたから。
 健康な体作りは難しいけれど、勉強のしがいがあります。
 角田さん、いろいろ教えてくださいね。
 

ちなみにですが

 投稿者:角田俊  投稿日:2020年11月22日(日)15時33分43秒
  ダンベル体操をしている人は10年くらい前の自分です(^^)b  

大沢先生へ

 投稿者:角田俊  投稿日:2020年11月22日(日)15時32分28秒
  コメントありがとうございます(^▽^)
腹筋を鍛えれば1枚目の写真の腹直筋という筋肉が鍛えられますがこの筋肉は実を言うとウエストの脂肪を燃焼してくれないんです。では何処の筋肉を鍛えれば良いのかと言うと2枚目の写真の腸腰筋です!この筋肉がウエストのポッコリお腹をやっつけてくれます(^-^)
この筋肉は股間に負荷をかけて筋肉痛にすれば筋肉がついていきます。やり方は両足を広げた状態でスクワットを行えば太ももと股間に負荷が与えられますので筋トレ法としてはこちらをオススメします!
またお腹がつきやすい人の特徴としては姿勢が悪かったり便秘であること、そしてなによりも食生活に問題があることも考えられます。タンパク質が不足していれば筋肉は縮みやすくなって脂肪が燃焼しにくい身体になるため、毎日必要量を摂取することも大切ですね。
そしてスクワットだけだと下半身ばかりに筋肉がつきすぎて下半身デブ体型に見えたりもするので全身の筋肉をバランスよくつけていくことも忘れてはいけないですね。
 

強風が見舞った「落ち葉しぐれ」

 投稿者:前田  投稿日:2020年11月22日(日)06時27分51秒
  きょう(十一月二十二日・日曜日)は、明日の「勤労感謝の日」(十一月二十三日・月曜日、祝祭日)」を前にして、三連休の中日(なかび)にある。晩秋から初冬にかけての好季節にあって、行楽シーズンは大団円の賑わいを見せるはずだった。しかし、三連休前には新型コロナウイルスの感染を恐れて、「我慢の三連休」という、行楽を控える警告(警鐘)が飛び交った。ところが、きのうのメディアのテレビニュースには、我慢をしきれない行楽客の人出の様子が、あちこちの観光地から伝えられていた。それほどに人は、政府肝入りの施策である「GO TO トラベル(旅行)」や「GO TO イート(飲食)」キャンぺーンを当てにした、物見遊山を決め込んでいたのである。もちろん、新型コロナウイルス禍にあっても、それにありつく人たちを非難すべきことではない。おのずから、日本経済浮揚のためという、大義名分も成り立つところがある。しかし一方、施策を敢行した政府は、人出の多さに得たりやおうとほくそ笑むどころか、大慌ての状態を強いられている。専門家や分科会のメンバーからは、新型コロナウイルスの感染者数のぶり返しは、明らかにそれらのキャンペーンのせいだ! と、あからさまにお咎(とが)めをこうむるありさまである。そのため、政府はにわかにそれらのキャンぺーンの中止や、見直しをくわだてざるを得ない状態にある。肝いりのキャンペーンはにわかに袋小路入りに状態にある。もちろん、キャンペーンにありつけないわが面白(おもしろ)がりばかりではなく、ちょっぴり政府に同情するところはある。さて、きのうの鎌倉地方は、ほぼ一日じゅう強風に吹き晒された。私は朝の道路の掃除を昼間へ後回した。山の枯葉は、夜明けからやたらと道路に舞い落ちていた。私はこの光景に業(ごう)を煮やし、昼前への後回しを決め込んだのである。天高い日本晴れの下、落ち葉しぐれは胸の透く眺めでもあった。桜の頃の桜しぐれと異なるのは、壁に吹き寄せられた落ち葉の重なりだった。一方ではこれには、強風の吹き晒しの恩恵があった。おかげと言うにはいくらか語弊があるけれど、しかし確かな恩恵であった。自然界の自浄作業のごとくに道路の落ち葉は、わが箒を這わせることもなく、吹き清められたのである。私は内心で(よしよし、シメシメ)と呟いて、壁に吹き寄せられていた落ち葉を何度も、70?入りの半透明袋に塵取りから詰め込んだ。何度かは両手で、白菜を大樽に漬け込むかのように、力いっぱい押さえ込んだ。それでも袋は、はち切れんばかりに膨らんだ。しかし、やはり強風のおかげで、あっけないほどの短い時間で、掃除は済んだ。私は頭上の山の木々の梢(こずえ)を見上げた。だいぶ空いていたけれど、強風に踏ん張りまだたくさんの枝葉が残っていた。私はこの先、なんどかの強風の吹き晒しを願っていた。もちろんそれは、寒風の吹き晒しではなく、暖かい陽射しをともなう強風の吹き晒しいう、独りよがりの身勝手な願いである。このところは鎌倉地方のみならず日本列島全体に、季節狂いの暖かい日が続いている。そのため、寒気を極端に嫌う私は、うれしい悲鳴にありついている。夜明け前にあってきょうもまた、まったく寒さを感じない。天恵、素直にありがたいことであり、文字どおり感謝感激である。夜明けには風が止んでいる。私は文章を閉じて、生前の起き立ての父の水田の見回りを真似て、道路の汚れぐあいの見回りに急ぐこととなる。区画の壁際の落ち葉の袋入れで、済めば万々歳である。  

興味深い筋トレ

 投稿者:大沢  投稿日:2020年11月21日(土)12時32分10秒
   お腹の肉は落ちないのですか。それはがっかりです。確かにウエストは
細くなるのにお腹はぽっこりです。
 先日着替えをしていて、腕を下げたら、二の腕の皮膚に皺が寄ってびっ
くり。振り袖は分かっていましたが、皺まででてしまっては、ダンベル体
操もだめですかね。
 毎朝の体重測定で、筋肉量が減ってきました。コロナでカーブスも止め
てしまい、インフルエンザも恐いので、あまり外にも出ないし、せいぜい
買い物や近くのポストに行くぐらいで運動不足はどうにもなりません。
 プロテインは夕食代わりに牛乳に溶かしてグルタミンを加えて飲んでい
ます。朝はお腹空くので、朝食が待ち遠しいです。ダンベル体操のモデル
は角田さんですか?
 

筋トレ注意法!

 投稿者:角田俊  投稿日:2020年11月21日(土)12時11分47秒
  無酸素運動すなわち筋トレは私にとってはなくてはならないものであり身体のモチベーションを保つための運動法。そして身体だけでなく心のモチベーションも保つことができるのも筋トレの力なのだ!!筋トレはやっておけば当然のことですが健康に良いということです(^^)b
ちなみにこちらの写真は10年くらい前の俺っす!
懐かしいと思いながら掲載させて頂きやした~笑
自分の筋トレ法はダンベルを使ったり、さらには腕立て伏せで追い討ちをかけて上腕筋と大胸筋を鍛えています(^O^)逆三角体型を目指すには腕と胸周りを大きくするのが効果的なのでダンベル体操と腕立て伏せは必要不可欠ということです!さらに三角筋(肩の筋肉)もガッツリ鍛えればより肩幅が広くなって様になってきますヽ(‘ ∇‘ )ノなので上半身は腕、胸、肩を鍛えてナンボですしかし忘れていることがありますよね。そうです!
お腹周りの筋肉、つまり腹筋もつけないとダメでしょ~と思った人いますよね。確かにウエストは贅肉の溜まり場とも言われています!だが残念なことに腹筋を鍛えたとしても贅肉は実は減らないんです!
え?ウソでしょ!?と思った方もいると思うので説明します!筋肉は鍛えれば鍛えるほど大きくなっていきます。腕と肩を鍛えれば肩幅が広がるのと同じようにお腹も鍛えれば大きくなりますが贅肉は燃焼してくれないので返ってポッコリお腹に見えてしまうんです。腹筋だけ鍛えるのではなく全身の筋肉を大きくしてバランスのいい体型を作るのがベストということです!腹筋だけ極端に鍛えてしまうと本当におかしな体型になってしまうので注意して下さい( .. )
その他にもスクワットで下半身も鍛えたりしていたりなど様々な筋トレ法を身につけるよう日々模索しております(´∇`)筋トレ法があればあるほど健康な身体作りが効率よく行えるのでやり甲斐がありますので是非(≧∇≦ そして2枚目の写真はプロテインですね。プロテインの意味はそのまんまでタンパク質です。1日に必要なタンパク質のグラム数は約60グラムですが3食で60グラム分を摂取するのは実は大変なんです。(アスリートや肉体労働者はもっとタンパク質が必要になってきます。)なので足りないタンパク質分をプロテインで補っている訳なんですよ。筋トレ後の30分以内にプロテインを摂取すれば効率よく筋肉がつきやすくなるのでこのことも頭に入れておいてくれたら嬉しいです!ちなみに自分は牛乳にプロテインを混ぜて飲むようにしています。なかなか牛乳との相性が良いのでこの飲み方もオススメできます!
タンパク質は筋肉だけでなく内臓、爪、肌、髪の毛、血管も元気にしてくれるのでプロテインは必要なサプリです!なので筋トレをする際はプロテインを摂取しましょう(^▽^)o
これから筋トレをやりたいと思っている方は是非参考にして頂けたらと思います。
また別途に筋トレネタも掲載していきますので楽しみにしてて下さい!!
ファイト!一発ヽ(。ゝω・。)ノ
 

「灯台下暗し」

 投稿者:前田  投稿日:2020年11月21日(土)03時51分16秒
  だれが悪いわけでもない。だから、だれかを責めるわけにもいかない。新型コロナウイルスへの対応は、だれもがもっぱら防御に努めるしか便法はない。こんななかにあってだれもが共通に実感できることは、新型コロナウイルスのこのところの新たな増勢ぶりである。いよいよ専門家や分科会(メンバー)も浮足立って、さまざまに強い警告を発し始めている。素人の私にすれば、遅すぎた「さもありなん!」である。先日私は、一文においてこんな表題を付した。それは、『映像「玉虫色の会談」』である。メディアが伝えていた会談の当事者は、これらの人たちである。すなわち、国際オリンピック委員会(IOC)・バッハ会長、応じた日本社会の主なる関係者には、菅総理、小池東京都知事、森東京五輪・パラリンピック組織委員会会長、と記されていた。会談内容は新型コロナウイルスのせいで余儀なく、来年へ延期されている「東京オリンピックおよびパラリンピック」の実現に向けての強い決意である。ところがこれにたいし私は、かなりの皮肉を込めて、「玉虫色の会談」と名付けたのである。名付けの理由は、危機感のさっぱり見えない、はたまたまったく伝わらない、手褒めの会談に思えたからである。それからいくらか日が経ち、すでに過去の感慨にすぎないけれど、きょう(十一月二十一日・土曜日)の私は、再びこのときの感慨を蒸し返したくなっている。そのためあえて、二番煎じの文章を書いている。ほとほと、書くにはつらい文章である。(なんだかなあー…)、あの会談を境にして、感染者の激増に拍車がかかった感じである。もちろん、わが下種の勘繰りである。現在、政府や自治体は、気の緩みの引き締めに大わらわである。いやいや、気の緩みは、会談当事者の「灯台下暗し」である。  

/686