<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


♪すき家で朝食兼ひなたぼっこ◎◎

 投稿者:高橋弘樹メール  投稿日:2021年11月28日(日)12時15分55秒
  きょうは夜勤明けで、すき家で朝食メニューを食べました。
そのすき家には、ガラスの壁があって、太陽の光が差し込むとまぶしくなりますので、ブラインドが付いています。しかし、きょうはというかこの頃は下げたりしません!!
「前田さんは、きょうもひなたぼっこをされているだろうなあ~~」と思いながら、ぼくもひなたぼっこをしました。
やはり、前田さんがお書きになっている通り、『自然界、礼賛!』=至福のひとときで、思わず寝込んでしまいました(笑)。
そんなこんなで、目が覚めたらヤベエ!! もうお昼だーー!!(大笑)。

 

自然界、礼賛!

 投稿者:前田  投稿日:2021年11月28日(日)10時40分53秒
編集済
  寒い朝だったぶん、昼間は胸のすく好天気です!寒がりやの私には、何よりもありがたい無償の贈り物です。茶の間のソファにもたれて、ひなたぼっこをしています。  

寒い朝

 投稿者:前田  投稿日:2021年11月28日(日)06時39分1秒
  十一月二十八日(日曜日)、寒い夜明けが訪れています。起き立ての気分は萎えて、文章が書けません。この先は、継続の途絶えのこんな日ばかりになりそうです。いまだ寒気は序の口であるのになさけなく、わが身を恥じて、嘆いています。寝起きの私は、気分高揚のため、北風に舞うカラカラの落ち葉との戦いに、わがありったけの闘志を駆り立ててみます。高橋弘樹様には「元気の素」の応援メッセージ(大・大・大エール)をたまわり、感謝にたえません。謹んでお礼を申し上げます。  

♪前田さんへメッセージです!!

 投稿者:高橋弘樹メール  投稿日:2021年11月27日(土)15時16分7秒
  本当に良い天気が続いていますね◎◎
きょうの強風の影響で、落ち葉の吹きだまりや積もっている所がたくさんありました!!
前田さんの道路清掃、本当にお疲れさまでございますm(_ _)mm(_ _)m
 

自然界

 投稿者:前田  投稿日:2021年11月27日(土)09時41分10秒
  胸のすく良い天気が続いています。道路上の落ち葉はからからで、あちこちに舞って、掃くのにやっかいです。  

連ちゃん! 書き殴りの妙

 投稿者:前田  投稿日:2021年11月27日(土)06時23分40秒
  十一月二十七日(土曜日)、このところはずっとだけれど、パソコンを起ち上げても長く頬杖をついている。明らかに、危険な兆候の一つである。きのうは買い物のついでに、大船(鎌倉市)の街に存在する「行政センター(市役所分室)」へ入館した。十数年ぶりとも思えるほどに、間隔が空いていた。入館の目的は、わが生活や市政にかかわるものではなかった。ここの二階には、図書館が併設されている。この日の目的は、図書館へ上がることだった。あまりの久しぶりであったためか図書館は、勝手知っているにもかかわらず異様な光景に思えた。逆に、スタッフから見ればわが姿は、かぎりなく神経を尖らすほどに、異様に思えたであろう。見知らぬ老人が大きなリュックを背負い、覆面みたいにマスクを着けている。わずかに覗くところは、皺だらけである。そのうえ、書棚近くをあちらこちらへうろついている。確かに私は、読むあてどなくうろついていた。スタッフが盗難などに、身構えるのは当然である。わが心中は、(驚かして済まないなあ…)、という思いにとりつかれていた。それゆえ、驚かしたことにたいし、(詫びたい気持ち)が充満していた。その証しには意識して足音に気をくばり、静かに書棚周りを一巡した。挙句、雑誌や新聞コーナーにさえにも足を止めず、早々に退館した。読書欲がまったくわかなかったせいである。もとより、冷やかしにもならない体たらくぶりだった。確かに、私には子どものころよりこんにちに至るまで、読書欲や読書歴はまったくない。きのうの私は、この悪癖を今さらながらにあらためて、確認しただけだったのである。館内を出ると、暖かい陽射しがふりそそいでいた。私は気分をととのえて、普段の買い物コースをめぐった。たちまち、後ろめたい気分は正常へ戻った。もはや私は、買い物で気分をほぐすだけの「生きもの」になり変わっているのだ! と、自覚した。このところの私は、三度の食事と間断なく間食をむさぼる以外、何もかもが面倒くさくなっている。本音を言えば、生きること自体がとてつもなく面倒くさくなっている。しかしこのことは、妻の前では禁句である。なぜなら、体を傷めている妻は、ありったけの思いでわが年金にすがっている。その証しには、「パパ。これは体にとてもいいのよ!」と言っては、わが長生きのためのレシピの推奨に大わらわである。「旨くもないないものが、体にいいはずはないと、私にはわかっちゃいる」。しかし、わが唯一の手っ取り早い妻へのいたわりとすれば、無下にはできない。面倒くささは、断捨離をともなう終活である。とりわけその筆頭は、もはや短くかぎりあるとはいえ、まだ残る命の営みである。用意周到に構えては、こんなケチくさい文章はまったく書けない。恥も外聞もいとわない、書き殴りの妙と言えそうである。確かに、書き殴りには想定外の本音がちらついている。殴り書きに加えて走り書きのため夜明けの朝日は、いまだにまったくの暗闇の中にうずくまっている。  

こちらこそ嬉しい限りです!

 投稿者:角田俊  投稿日:2021年11月26日(金)18時18分13秒
  大沢先生からのコメント深く感謝致します。
新たな知識が読者のパワーに繋がることを祈ります。
 

うれしいです

 投稿者:前田  投稿日:2021年11月26日(金)08時22分16秒
  駄文に、大沢さまのコメントが付くと箔がつきます。
 

角田さんの健康日誌

 投稿者:大沢  投稿日:2021年11月26日(金)07時56分50秒
   若い角田さんのはつらつとした投稿はいつもみんなにパワーを
送ってくださっている高橋弘樹さんとともに、現代文藝社の掲示
板には強い味方です。前向きな生き方を披露してくださっている
ことを心より感謝申し上げます。ますますの力強い投稿をお待ち
しています。
 

前田さんの日暮らし

 投稿者:大沢  投稿日:2021年11月26日(金)07時52分26秒
   今朝の日暮らしの記をを読ませていただいて私はほのぼの気分になりました。
歳を重ねていくと憂さ晴らしもなかなかうまくいきません。愚痴を書けば切り
無く連なって、収拾がつかなくなってしまうし、呟かねば胸の内、頭の中に積
もり積もって身動きならなくなります。誰しもそんな境遇なのだと今朝の前田
さんの日常に接して、気持ちが軽くなりました。
 自分の気持ちを文章に出来ることは幸せなのだとつくづく思わせてもらいま
した。
 

/757